雑穀米以外の雑穀利用法:雑穀米でヘルシーライフ

雑穀米以外の雑穀利用法

雑穀はご飯として炊いて食べる以外にも、様々な方法で活躍していて、牛乳と砂糖を加えて甘くして食べたり、塩味にして肉や野菜のシチューとして食べたり、また粉にしてパンや団子にしたり、食事以外にもおやつの原料として使ったりと、古くから親しまれてきました。

例えば雑穀粥は伝統的なロシア料理ですし、また、雑穀は麦と近縁種ではないので、小麦アレルギーの方にも好まれます。

さらに穂が簡単に外れるので、人間以外にもペットの鳥のヘルシーな餌としても重宝されています。

雑穀の加工・利用法

このように様々な使用形態のある雑穀ですが、加工した食品や、主な利用法には以下のようなものがあります。

・粒食(雑穀米)
・餅(モチアワなど)
・粥(キビ、アワなど)
・パン(アワ、キビ、シコクビエの粉など)
・アルコール飲料(モチアワ、モロコシなど)
・雑穀生け花(鑑賞用への利用)

これ以外にも、ヒエそうめんや、アマランサスうどんなどは実際に商品にもなっています。

アワは甘み成分を含んでいるので、昔からお菓子への加工が頻繁にされてますし、ハトムギはお茶や、気付きにくいところでは、化粧品にも使われています。

このように、雑穀は雑穀米として注目される前から私たちの生活に溶け込んでいたので、これからもアイデア次第で、もっと楽しい雑穀ライフを送ることができそうですね。

■スポンサードリンク