雑穀米と発芽雑穀米:雑穀米でヘルシーライフ

雑穀米と発芽雑穀米

雑穀米のページを見ていると、「発芽雑穀米」という言葉がありますが、発芽雑穀米とは何でしょうか?

発芽とは種子の皮の外に根や芽を出すという事を言い、雑穀は収穫後乾燥させますが、それを発芽させた物を発芽雑穀と呼びます。

つまり、発芽雑穀とは、水を失った硬い種子の状態ではなく、種子が活動を始めた状態の事を指すのです。

発芽の条件には、十分な水、酸素、適度な温度の3つが必要で、硬い種子には貯蔵物質としての栄養素が詰め込まれていますが、発芽をさせるとそれらの物質が分解され、生物にとって必要な物質が、より多く合成されることになります。

もちろん、だからといって発芽させてある雑穀米の方が栄養素が高い…とは一概には言えず、雑穀米と発芽雑穀米という異なる栄養素をブレンドすることで、様々な種類の物質を体内に送り込めることが魅力です。

また発芽させる時に使用する水も、にがり水などに変えると増加する栄養素は違ってくるようです。

このように、雑穀米は利用方法によって様々な変化をわたしたちに見せてくれる、素晴らしい食材です。

■スポンサードリンク